給排水設備 空調換気設備  リフォーム工事  046-835-8440

施工事例  
 
設備リフォーム
  キッチン・バス・トイレ
内装リフォーム
  部屋をイメージチェンジ 
外装リフォーム
  外観を美しく住まいを守る
高齢者介護リフォーム
   ぜひご相談ください
最新リフォーム
   最新機能・性能ご紹介
 リフォームの流れ
   お問合せから工事まで
 リフォームQ&A
   よくあるご質問
 お問い合せ
   お問合せ・カタログ請求

   & A

 高齢者に配慮して安全性を高めるポイントは?
1.トイレの扉は引き戸か外開きにする。
2.ドアのノブは扱いやすいレバー式ハンドルにする。
3.階段は、可能なら広く緩やかで踊り場付きの曲り階段がよい。
4.わずかな段差がつまずきやすい。段差を無くして平らに。
5.浴槽の形は和洋折衷型のもので、半埋め込み式がよい。
6.階段の照明は、踏み面を集中的に照らす足元灯を併用する。
7.玄関や廊下、浴室、トイレ、階段に手すりをつける。
8.車イスで廊下や出入り口を通るには、1m以上の幅が必要。
9.床材選びは慎重に。滑りにくい材料がよい。
   
 住宅のリフォームで間取りの変更は自由にできますか?
   家屋に構造によってはできないリフォームがあります。
以下、代表的な構造でお答えします。

*在来工法(最も多い一般的な木造住宅)
木造住宅の中では、法的な規制を守ればかなり自由にプランできます。
ただし、一部屋を大きくする、大きな開口部を設けるときは、補強なども必要なので検討が必要です。

*2×4工法(輸入住宅、メーカー系住宅)
壁で建物を支える構造の為、間取り変更は制約が多く、壁を壊して部屋を広げるなどの
増改築はまず無理と考えたほうがいいでしょう。

*プレハブ工法(メーカー系住宅など)
メーカーにより材質や工法はまちまちですが、一般に壁パネルを合わせた工法の為、
開口部を設けたり壁を取り除いたりには制限があります。

*鉄骨造
在来工法でいう筋かいと同じようなブレースが壁面に入っている為、壁を取り除いたりには制限があります。

*鉄筋コンクリート住宅
柱と梁以外は自由に間取り変更が可能です。ただし、面積が広い住宅で補強のコンクリート壁が
設けられている場合、その壁は壊せません。
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   


TOP会社案内事業内容リフォームメニュー施工事例お問い合せ所在地サイトマップ個人情報の取扱い

Copyright(C) 2009 株式会社鈴栄工業  Suzuei Kogyo Corp All Rights Reserved.